本文へスキップ

葬儀のプロフェッショナルが心をこめてお手伝いいたします。

葬儀のご依頼・ご相談【24時間365日対応】

お葬式の豆知識

お葬式の服装(参列者)

和装、洋装(モーニング)が正装ですが、現在は洋装(ブラックスーツ)の方がほとんどです。ブラックスーツはダブル・シングルのどちらでもかまいません。
 男性の服装
ブラックスーツの方が多く見られます。ダブルでもシングルでも構いません。
職場などから平服で出かける場合も、ネクタイは黒か地味な色のものが好ましく、男性も、結婚指輪の他は、時計など実用的な物以外は、はずした方がよいでしょう。  
 
 女性の服装
グレー、濃紺、茶など地味な色のスーツやワンピースの方が多く見られます。
化粧は控えめに、髪もできるだけシンプルにまとめて、アクセサリー類は、結婚指輪以外は基本的にはつけない方がよいとされています。
パールのネックレスかイヤリングのどちらか片方はつけてよいとされています。
 タブー
通夜や葬儀の服装は、故人の死をいたむ気持ちを表すものですので、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避けたいものです。  
 その他の注意事項
・アクセサリー
悲しみの席なので、派手なアクセサリーなどはもってのほかです。指輪は結婚指輪以外は外します。石がついている場合は、回して石を隠すようにしましょう。パールの一連ネックレス、時計はつけてもよいことになっています。

 ・化粧
大人の女性なら身だしなみ程度のナチュラルメークにします。
マニキュアも肌色に近い薄い色程度なら構わないと言われています。

 ・女性の足元
黒い靴でも、エナメルや光沢のあるもの、金や派手な留め金がついた靴はふさわしくありません。デザインもミュールやサンダルは避けましょう。布製か牛革で何も飾りなどついていないシンプルなパンプスが好ましいようです。また夏でも黒い靴とともに黒のストッキングを着用し、素足で伺うことのないようにしましょう。

 ・バッグ
素材は布が正式ですが、牛革、合皮、サテン製でも構いません。留め金は、銀色もしくは黒の目立たないものを選びます。また、ブランド物であっても、大きなロゴが並んでいたり、大きくブランド名が書かれているものはふさわしくありませんが、ブランド物だからダメということはありません。

 ・男性の服装
靴下・ネクタイは、黒を着用します。靴は、エナメルや光沢のあるもの、飾りのあるものは避けます。カフスボタンは慶事用と感じるものが多いので、つけない方が無難です。タイピンも同様ですが、真珠の一つ玉を勧める洋品店もあります。

 ・子供の服装
女の子なら黒のワンピース、男の子なら黒か濃紺のジャケットがあればいいでしょう。
また、小学生以上で学校の制服があるならそれでも構いません 。